赤堤の家

akadutumi17

今では珍しくなくなったガレージハウスの草分け的作品。
床は現場施工のテラゾー洗い出し仕上げ。
ちょっとしたショールームのようで、仕事部屋からも格納された愛車達を眺めることができます。
二階は中庭のようなベランダを挟んで二世帯住居になっています。

akadutumi006

akadutumi008

akadutumi2

akadutumi018

akadutumi021

akadutumi22

建築家 可児義貴からメッセージ

ショールームでお客様からご質問いただく、「可児さんてどんな経歴?」から、「なぜ設計事務所が住宅建設を?」「職人集団『チーム・クウェスト』って?」「SE構法にしている理由は?」「これまでの建設実績は?」「ホテルのような家づくりとは?」「予算は?」まで、本音で語っています。