『建築家が自邸を建てた』(その歓喜と反省の物語)

hon262x375

約二十年前、一級建築士が自分の住まいを建てた。
これまで高層ビルやホテルの設計は何度も手がけてきた建築のプロとはいえ、住宅、それも自邸となれば勝手が違う。設計監理はお手のものでも、土地探しや建築では思いもよらないことばかり・・・。
そして今、その「我が家」に住みながら、これから家づくりを始める人のためになればと、月に一度内覧会を開催している。
この本は、自称プロの一級建築士が自宅を新築した際の出来事をエピソードなど交えながら時系列にまとめたもの。プロとはいえ、自分自身のこととなると、なかなか決断できず七転八倒。失敗談を含め、そのてん末を隠さず公開。
これから家を建てる人には、「必見の書 !! 」です。

著者 :一級建築士 可児 義貴
出版社:風土社
定価 :本体1,500円+税

Amazonで買う

目次

はじめに

第11章 各エリアの考察

3.廊下と階段

4.玄関と庭

  • 車の回転のために必要な無駄な空間
  • 無駄な空間を逆手に取った玄関
  • 物騒な世の中、玄関錠を工夫する
  • 余りの便利さに補助錠が主体となった
  • 探し求めた大理石で玄関を飾る
  • 紅葉を期待して植えたモミジなのに

第12章 新生活の始まり

1.人生最良の年に

  • いよいよ引っ越しが始まった
  • 建具のない新居での新生活とは
  • 床が抜けそう
  • いいものを大切に使おう
  • 植物に囲まれて暮らしたい

2.想定外の出来事

  • 最初の手直しは障子の追加
  • なんと外から丸見えの我が家
  • ヨシズとすだれが加わった
  • 空中庭園に異変が

3.設備の検証

  • 忘れていた防犯対策
  • 五台の防犯カメラに守られて暮らすことに
  • 形の違う水栓がふたつ、変じゃん
  • ゲボゲボが常備されることに
  • 浴室暖房乾燥機の悲しい結末
  • 理想は露天風呂

4.住み始めて一年後のある出来事

  • 住み始めて一年後のある出来事

第13章 あれから十五年

  • 東日本大震災を経験して
  • 一番の反省点は何か
  • 修理を必要としたこと
  • ショールームとして活躍

おわりに

  • おわりに

付録

建築家 可児義貴からメッセージ

ショールームでお客様からご質問いただく、「可児さんてどんな経歴?」から、「なぜ設計事務所が住宅建設を?」「職人集団『チーム・クウェスト』って?」「SE構法にしている理由は?」「これまでの建設実績は?」「ホテルのような家づくりとは?」「予算は?」まで、本音で語っています。